2013年9月30日 (月)

9/29(日)季節のお知らせ

あんなに暑かったのに、朝晩は冷え込むようになった。
確実に季節は移ろっていくんやね。

Dsc_0001
もう一枚。
Dsc_0002

こないだ買ぅた、初めてのスマホで初めて撮影してみた。
普段通ってる用宗駅前に咲いた、白い彼岸花。
どやろ、キレイに撮れてるやろか。

しかし、朝も早よから、不慣れなスマホで時間もないのに必死こいて撮影しとる不審なBBAなんて、
あんまし絵になるもんでもないよなぁw 

大阪におった頃は、あんましみかけへんかった白い彼岸花も、静岡に来てからは、
けっこう見かけるようになった。
茎だけニョキッと伸びて花をつけるところが、ちょっと違和感があって好きやなかったけど、
こうして足を止めてよっく見てみると、なかなか清楚でキレイなもんや。

あ。
スマホでまだ、メアドとか全然登録できてへんねん。
なんしかBBAやからさ、こゆ機械的なブツに弱いねんてw
え?いやいや、ホンマホンマ。エヘ。

2013年9月24日 (火)

9/13(金)スペイン気分になってみた

3週間に1度、相方つんきち君の通院に付き合っている。
介助がないと通院すら難しい状態やし、ま、ウチも会社休む理由にもなるって不純な動機でw
病院終わってのタノシミって言うたら、ご褒美もかねてのランチっしょ?え?そやよね?

Dscn0169_01
(↑静岡のスペイン料理老舗のサングリア。鷹匠店)
Dscn0170_01
(↑看板メニュー。今日はナニにしよっかね?)
Dscn0171_01
(↑本日お座りの席から店内を盗撮w)
Dscn0172_01
(↑開放的なテラスを望む席。奥には皮張りソファの薄暗い席もあり)

ここの久能店は、さんざっぱら行った。
ある時は父親と。ある時は気の合う友達と。
一番多く一緒に行ったんは、つんきち君とかな。そんぐらいスキなお店ですねん。
まぁ、気の合う友達・・・・破壊神と行った時は、あまりの行状でしばらくイケナイようになった。ナツカシイ思い出やw
どんぐらいの行状やったかって言うと、ここには到底書けません。
久能店は街中からは離れてるけど、ここ鷹匠店はとても便利なところにあるんで、
オープン以来度々行ってる。

Dscn0175_01
(↑お楽しみ~。ナニがくるかな、腹へった~♪メシくわせ~♪)
Dscn0176_01
(↑前菜5種盛りとバケット)
Dscn0177
(↑魚料理。本日は真鯛のグリル・バルサミコソース)
Dscn0178_01
(↑肉料理。本日はイベリコ豚のグリル・バジルソース)

魚料理か肉料理はどちらかを選ぶ。最初からシェアするつもりやし、1種類づつw
Dscn0179_01
(↑メイン料理のスープパエリア。1人前づつ、パエリア鍋で。魚貝スープと共に)
Dscn0180_01
(↑デザートのクレマカタラナとアイスコーヒー)


とまぁ、ランチメニューでこれだけの内容、お値段2000円は安い。
パエリアが有名な老舗で、スープをかけていただくパエリアは新機軸。
好き嫌いは分かれるやろけど、ウチは好きやな~。あっさりいただけるし。
その他、ブルーピースト(ヤリイカの墨煮)とか、ウマイもんマンチクリン。
ふぅ、今日も腹イッパイやから、晩御飯はお総菜のコロッケにしよう、そうしようw

あ、そやそや。
破壊神、この店やったらまだ面バレしてへんから、またサングリア呑んで騒げるで?どや今度?

2013年7月24日 (水)

7/24(水)買ってみた

いや、正確には「買ってもらってみた」やった。

CCILU(チル)http://www.ccilu.jp/active/ のシューズ。

Dscn0164
最初、向かって右側の紫のヤツをつんきち君に買ぅてもろた。
以前に丸井(静岡にもあるんやよ、これがw)の出店で、若いオニィチャンが熱心に売ってたんを冷やかしがてら見たんやが、
コレなかなかイイやんかって思うてた。


そんで、19日につんきち君の通院につきあった帰り、ハンズで買ぅてもろた。
え?なんで丸井で買わへんかって?
だって、静岡にもハンズあるって言いたかってんもーん。
それに、スバラシイことにハンズはセノバって静岡鉄道経営のファッションビルに入店してて、
購入すっと静鉄ポイントとハンズポイントの両方がつくんだぜ!

けち臭いけど、ポイントってスゴイお得←ここ大事w


お金はつんちゃん~。ポイントはウチ~♪
ほいで、早速通勤に履いてみたところ、もっそ快適!
クロックスよりずっと柔らかい素材で、インナーシューズに適度なクッションがあり、歩きやすいことこの上なす。
おまけに発色が良くて、とても鮮やか。
派手な服はヤリすぎな感じで嫌やけど、靴ぐらいなら派手でもエエでしょw


あまりの気にいりっぷりで、会社でも通りすがりの人をいちいち捕まえて、見せまくり。
んで、ますま購買意欲が高まって、アマゾンで2足目(白いほう)をポチっとなw
ちなみに、アマゾンの決済もつんきち君やけど、さすがに2足目は自分で買う。つもりw
あ。つんきち君も白赤のほうはお揃いで買ぅたんよね。
いい歳ぶっこいてお揃いはハズカシイけど、靴なら・・・・許されるよね?







2013年7月 1日 (月)

7/1(月)つんきちフルーツランドへの野望⑦真っ赤で熟れ熟れ編

Dscn0155
(↑イチヂクの夏果。イチヂクってこんな色やった?)


去年買ったイチヂクの苗。
たった398円やったから、たいして期待はしてへんかったけど。
秋の酷い塩害と台風を乗り越え、春先に実をつけ、じっくり樹上で熟すこと3カ月。
ずっしり重そうやし、収穫を迎えたご様子なので・・・・・。

Dscn0152
(↑アップだと、こんなの。お尻のとこは裂果してません。そゆ種類らしいです。)

Dscn0161
(↑レタスとトマトとベーコンのマリネサラダにトッピング。)


蓬莱柿と呼ばれる、よくお庭に植わってる日本固有種のイチヂクほどの香りはせぇへん。
なにより、実の色がスゲー紫が濃くて、なんだかちょっとトロピカル。
枝からカットすると、イチヂク特有の白い樹液が出た。これは舐めてみないとだ。
ぺろっ・・・・これは・・・・・?!!
苦い、苦いよ、コナン君w

じつは、たいして味には期待してへんかってん。
だって、398円の苗やもんw
んで、甘味が足りなかったことを考えて、マリネサラダにイン。
ほー、これ、見た目は馬刺しの高いヤツみたいやわ。

お味は、と言うと。
う、ウマスですっ!!!
蓬莱柿ほどの甘味はないけど、香りは蓬莱柿よりずっと強い。
果肉はイチヂク独特のねっとり感があるんやけど、種がヤワコくてあっさりしてる。
「ドーフィン」って種類らしいねんけど、これは、生食向きやわ。
ネットで見る限りは、あんましオイシイ種類やないらしいけど、んなことないわ!

今までもずいぶん可愛がってきたイチヂク。
これからもイヤって言うほど可愛がってあげるから、もっともっと実をつけてねっ♪
明日から、ボトル入り液肥を増量セールしてあげちゃう。







2013年6月10日 (月)

6/9(日)もうハライタ魔人なんて言わせないんだからねっ!

例のブツを切除して、そろそろ1か月半。
2週間後にサバン●ナ医院を訪れ、ブツが悪性でないことを伝えてもろてから、もう1か月経つわけでw


(↓ここからは、サバン●ナとウチの1か月前の愛の記録です。テヘ♪)
「んで、センセ?」(無意味にニタニタするウチ)
タラタラタラタラタラ~♪ 

なんでここで、数秒、間を置くのかね。頭の中でファンファーレ流れるやん。
「良性だったよ。でもね、これ、ほっといたらガンになるヤツ。」
「ほうほう、でも、今んところは違うっしょ?」
「今のところね。来年また、内視鏡やろうね。」
「そそ、それ聞こうと思うてたわけよ。1年後でエエのん?」
「こゆタイプのポリープってねー、1年ぐらいで爆発的に増えることあるからね。1年後また来てね(はぁと)」
なんやセンセ、1年後とか悠長なこと言わんでも、薬切れたら来るがなw

んでも、ホンマにホッとした。
もし、悪性やったって言われたら、色々考えなアカンことあるやん。じゃんくさい。
「ほな、センセ。記念にって言うたらナンですが、内視鏡写真を全部このCDに焼いたってくれへん?」
悪性って言われた時の事を考え、さらのCD用意してましてん。
「えー、僕、焼いたことないんだよねー。」知らんがな、さっさと焼いてくれ。
「これ?こうやったらいいのかなー?」
いやいや、内視鏡の手術の時はサクサクするくちぇに、こんな簡単な事出来ひんの?

「センセ、もしかしたら、生焼けかもですね。」(もっそ笑顔w)
センセ、ウチのギャグ解ってくれてるん?もしかして、解ってない?え?
ま、エエか。家に帰ってホンマに生焼けやったら、文句言うたろっと。
とか言うて、焼けてましたw でも、フォーマットされてDVDで焼けてましたよwww
ウチ、この3カ月ほどの間に、もしかしたら一生分の命を拾ったのかもやな。
医者を変えると思いたたんかったら、内視鏡かてしてへんし。
サバン●ナ先生の処方してくれた薬が合ってるみたいで、ここんとこ全く下痢ってへんし。
不快感がなくなり、ガン化するかもしれんポリープもなくなり、ヤバくなったらサバン●ナに頼ったらエエねんもん。
たとい、CDをウマく焼けないお医者でも、病気を治してくれたらそれでエエねん。
ありがたいこっちゃ、ウチ、心から感謝してます。

Dscn0147
(↑景品のお皿。こんなのなんやね・・・・)

そんなこんなの、平成25年春。
ウチは元気です。
今年ハジメテ、山崎春のパン祭りに参加して、白いお皿もゲトしてみた。
年年歳歳過ぎていく中、健康のありがたさをしみじみ感じつつ。

ヤダ、すっかりウチもBBAやわw





2013年4月25日 (木)

4/22(月)ハジメテのシュヂュチュ【閲覧注意】②

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ここから↓は、おげふぃんな内容、且つナンダカナーな表現を含みますので、閲覧はお食事時・家族団らん時・くつろぎタイム等々を避け、自己責任でオネガイします。文句は一切受け付けません。(今回はけっこうキテマス。苦手な方はサムネ表示だけで、そっとお帰り下さい。)



4月22日(月)、朝7時。
戦いの火ぶたは、やっぱりピーピーで切って落とされた。
これもう、腸洗浄とかすることないんじゃね?って思うぐらいの超特急状態。
でも、そこはホレ、指示されたことは守らなきゃ。
前日夜、荒ぶる後門様をやっとこさで抑えながら作っておいた腸洗浄液2リットル、
冷え冷えの状態で8時から10時にかけて飲む。


2リットルを2時間で飲み干すだなんて、そら、苦行だわ。
お味は、まんまスポーツドリンクにたっぷり塩入れたような感じ。ぐぇ、飲まれへん。
一口飲んだら、トイレダッシュ!
続けて飲んだら、またトイレダッシュ!
繰り返すこと、約20回。後門様ったら、荒ぶるどころか、ヒリヒリで戦意喪失状態w
おお、我が友。先日までは清く美しいショジョだった後門様よ。
もう少しのご辛抱でござる。
完全に飲みきった後は、もう大本営のウチまで、グッタリして少し寝てしもてた。


午後1時。
完全にグッタリ状態のウチは、相方に連れられて、サバン●ナ医院の門を叩いた。
血圧が、上96の下54・・・・・。ダイジョブです、血圧は普段から、えらく低い。
ベンちゃん?ダイジョブダイジョブ。もぅ、さらっさらの透明の液しか出てません。
この医院はさすが多くの内視鏡手術をするだけあって、看護婦さんの手際が素晴らしい。
あれよあれよと言う間に、手術着を着用してベッドに寝て、点滴されて手術を待つばかりになった。
使い捨てタイプの紙の手術着、おケツのところが穴あいている。
あーこれ、「ドラゴンボール」のごく初期、孫悟空がまだ子供でシッポが生えてた時に、
シッポだす為に来てた服みたいやな~。手に入れろ~♪ドラゴンボール~♪
ヨシ。脳内でテーマソング唄えば、地球防衛戦士になった気分やわw


アホな事考えてたら、カラコロとベッドを手術室まで運ばれた。いよいよ戦闘開始。
横向きに寝て、どう考えてもこっぱずかしい穴の開いた服から後門様をコンニチワさせて、
点滴から麻酔薬注入~。
そや。後門様にもサバン●ナにちゃんとご挨拶するよう、言うとかんと!と思うてたら。
・・・・・・。
気ぃついたら、手術終わってたwww
え。いつサバ●ンナ来たん?てか、もうここ、手術室じゃなくて最初に待機してたとこやん。
あ。左手人差し指に付けてたバイタルモニタ、何故か右手につけかえられとる。
「なんだかね、麻酔がものすごーく効いたみたいで、途中で酸素濃度が低くなったの。」
と、看護婦さん。
そっか、それでマスクも外されてるんか。知らんかった(いや、知らんで当然w)
まぁでも、別にどこも痛くはないし、頭はちょぃとボーっとはするが、大丈夫そうだ。


Phodscn0146
(↑サバン●ナからのプレゼント生写真。モザイク加工しましたが、グロくてすみません)


けっこうデカい目の立派なポリープ1つ、切除。加工前の写真では、だらんとしたインケイみたいw
「やっぱあったねー。コレ、切除しといたから。」
麻酔で意識失ってたとはいえ、センセの鮮やかな手技が拝見できず残念です。
「んで、センセ、大腸憩室炎は?どないなってます?」
「ないよ。」
「無い?え?だって、あるって言うてはったやないですか~。」
「ほら。腸管、どこも細くなってないでしょ。」
ホンマや。
見事にぽっかりの腸管、所々炎症っぽい痕はあるけど、細くはなっとらん。
ほな、あの痛みとか、赤い糸ってナニ???
「アレ、やっぱ赤い糸を飲み込んだんじゃないかなー。」
いや、ダレが好き好んで糸を食べますかってのw なんか、よう解らんけど、エエか。
「ポリープ、腺質のようだから生研だすけど、ガンかどうかは結果次第ね。」
はぁ。
「ま、こういうのはガンになりやすいヤツってことは間違いないね~。」
麻酔のせいで、所々うろ覚えやけど、だいたいこんな会話をしたっぽい。
2週間後に生研結果が解るらしいので、サバン●ナには各種つっこんでやろう。


「センセ、ウチの腸って、キレイな方?」
「うん、キレイな方だね~。」
おし、専門家(ちょっと顔はあざといがw)からキレイのお墨付きを頂いたんや。
これから腸の健康を守るべく、暴飲暴食は止めよう。
【痛くなったら、すぐサバンナ】←これからのスローガンw






2013年4月23日 (火)

4/22(月)ハジメテのシュヂュチュ【やや閲覧注意】①

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ここから↓は、おげふぃんな内容、且つナンダカナーな表現を含みますので、閲覧はお食事時・家族団らん時・くつろぎタイム等々を避け、自己責任でオネガイします。文句は一切受け付けません。(と、書きましたが意外とライトです。ご安心召されよ。)


宴会を断り、申し訳なくも送別会もキャンセルし、出来る限り暴飲暴食を避けてきた今月。
いよいよ、大腸のハジメテを捧げる日が2日後と迫った20日・土曜日のこと。
こんなところに、行ってきた。http://www.yumotoya.com/

ここの大将は、以前からの知り合いで、あるお仕事を頼まれていたのだが、
なかなかタイミングが合わず延び延びになっていた。
ここを訪れるのも、ほぼ2年ぶりぐらいなのだが、大将、相変わらず若いw
大将のお兄さんとも話に花が咲き、
「仕事終わったら、ひとっ風呂浴びてきな。」の暖かい言葉に、遠慮なしに山奥の名湯を味わい、
静岡一(と、ウチが思うてる)おでんもいただいてきた。
明後日の怖さをほんの短い間やけど、忘れることができた。感謝。
新東名静岡インターから、ま北へほぼ1本道。1時間半で、鄙びた雰囲気が味わえる。
是非、意外と近い秘湯・梅が島温泉へおいでやっしゃ~。


だったら、写真ぐらい載せろって?

えっとね、ウチね。この時点で平常心失ぅてるのよ。
せっかくの機会やのに、デジカメを忘れるぐらい。そのぐらい、2日後がプレッシャー。
次行った時は、バシャバシャ写真撮ってやる、おでん10本喰うてやる。オボエテロヨーTT



そして、硫黄の香りを後門様にも沁みつかせたままの21日。
朝から修行が始まった。
Dscn0143
(↑前日に食べる検査食。昼と夜の2食分)

こゆのんでよくありがちなんが、パッケージと中身が違う事。所謂パケ詐欺ってやつw
1000円以上もするやつやけど、まぁ、特殊なブツなんやし、ある程度お粗末でもしゃぁないかと思うてたんやが。

中身、このまんまですwww
よっく考えたら、パケ詐欺するほどの中身でもないわな、あんま美味しそうでもないし。
と、思うたら!ウマい、ウマイやなぃの~コレ!
味はさすがに薄いけどきちんとついてるし、肉っぽいのんってホンマのお肉や~ん。
パクパク、もぐもぐ。ウマいけど、スクネー!!
そしてなおかつ、これ、すぐ出さなきゃいけないのよね。

そそくさと食事を終えた夜9時。
下剤2種を飲み、待つこと30分。
あれ?おかすぃな。ウチ、普段からピーピーなんやから、もう出てもエエ頃やけど。
出ません。兆候すら見えません。
明日は朝8時から、腸洗浄って苦行が待ってるねんし、さっさと寝たい。
しゃぁない、ここは一発ハライタ踊りしとかんと。
大腸内視鏡手術を前に、訳ワカラン踊りを必死こいてしちゃうアホらしさったらない。
ちょっぴり涙ぐんできた。
そして待つこと3時間(長すぎるぞ!)、ようやっとベンちゃんがお出まし。


・・・・・・
久しぶりに我が家の便器が割れちゃうかと思うた。
チョイ漏れ対策も万全にして、ええぃ、とっとと寝ちゃえ~~~。
明日は、いよいよ、サバン●ナに大腸のハジメテを捧げちゃうんだし。ワクワク。
(②に続く)





2013年4月 7日 (日)

4/7(日)サバン●ナとウチと赤い糸【閲覧注意】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ここから↓は、おげふぃんな内容、且つナンダカナーな表現を含みますので、閲覧はお食事時・家族団らん時・くつろぎタイム等々を避け、自己責任でオネガイします。文句は一切受け付けません。


1月は逝く(←あ、字が違う?)。2月は逃げる。3月は去る。
よう言うたもんで、あっという間に4月になった。
4月はウチの誕生月なんよね。
また1つ歳いってしもたけど、ダイジョブ。今年からボーナスステージで、1つづつ歳が減る。
そゆことにした。

さて。
4月22日にいよいよ内視鏡ぐりんぐりんプレイ」を控えて、そろそろ緊張してきた。
まぁ、後門ショジョはすっかり失ってしもたし、怖いモンはない・・・と思う。
だが、しかーし。
腹はまだ少し痛んだり、調子が悪くなったりする。
そこで、サバン●ナのところに通うこと数回。だいぶ、サバ●ンナ先生とも打ち解けてきた。

数日前の朝の事、またちぃとシクシク痛む。
おかすぃな~。貰った薬、ちゃんと飲んでるんやけど。
おんや????ナンヤコレー????
ウチ、幼少時から、用を足した後の紙をじっくり眺める癖がある。(子供の頃から変な子やw)
あ・・・緑色?コレナニ?緑色??
うわーーーー。サバンナーーーー!助けてくれ~~~


「どうしましたか?」
相変わらず、顔があざとい先生や。でもきっと、腕はエエんや。そう思いたい。
「あのですね、今日のベンちゃんの色がですね、緑色♪」
「どんな色でしたか?」
「えーっとですね、緑色の濃いやつ。抹茶色って言うんですかね。」
ウチ、焦ってるから、言うことマトモ。こんな時にギャグ言われへん。

「お野菜食べましたか?野菜食べると色出る事あるんですよ。」
「食べました、エンド豆。」
「エンド豆?それナニ?」
って、センセ、エンド豆を知らんのん?
「えーっとですね、ホレ、春に出回るお豆さん(ニッコリw)。」
「お豆さん?」
「お豆さんなんやけど、ホレ、さやごと食べるヤツ。」
「ふ~ん。」
・・・・・センセ、エンド豆ホンマに知らんのん?
しゃぁない、知らん人にエンド豆のなんたるかをうまく説明できひん。

緑便を説明する前にまずエンド豆の説明をせんならんことに、ウチは挫けてしもた。
「ま、それはおいといて。」いやきっと、全然どうでもいいことではないと思うのだがw
「実はですね。2日程前に、妙な物体を排出してしまいまして。」
「ふん?」
「拭いた紙にですね、赤い糸状のブツがついてまして。」
「糸?どのぐらいのサイズでしたか?」
こんくらい・・・と左手で、8センチぐらいの幅を作るウチ。
「虫ですか??それは虫じゃないですかねー。」
「いえいえ、センセ。ウチ、幼少時からムシ持ちで。ムシならよう知ってます。アレは虫ではありませんでした。」
「で。どんぐらい?」
「こんくらい。」と、また左手で幅を作る。しつこいぞ、ウチ。
「こんくらい?」センセも幅を作る。
目を合わせて、ニッコリー♪そして、2人の間に、なんだかホノボノとした空気が流れちゃうw

いやいやいや、明らかに虫ではない変な物体を患者が排出してんねんからさ!
ホノボノしてんじゃねぃよっw
「さすがのウチも、糸を飲み込んだりしませんてば。(きっぱりっ)」
そらそやろ。ホノボノしついでに、ナニ言うてんねん。
「ほほー。それは興味深いですね。調べておきましょう!」
もっそ軽くスルーされてもた。けっこう深刻やのにw
どうせなら、説明時に成人男性インケイの正常時の平均的サイズですとキチンと言うといたら良かった。
ウチの指でこんくらい?とかやるから、ホノボノしてしまうんや。
素人目やけど、アレ、腸内組織が糸状になって出たモノっぽかったんやけどなー。
ま、エエか。
てか、緑便といい赤い糸といい、そんなヘンなブツ排出してもたんやから、もっと深刻ぶってくれよーん、サバン●ナw

Dscn0141
(↑まだ4月やのに、実をつけてもたイチヂク)

いや別に、イチヂクの写真を載せたからって、他意はない。
こんな瑞々しく硬い果実ではないのよ・・・ウチったら・・・げふんげふん。



2013年3月25日 (月)

3/24(日)つんきちフルーツランドへの野望⑥シーズン開始編

ようやっと、春めいてきた。
ド田舎のウチとこの近所も、こんな具合に春。

Dscn0138
(↑ウチから西側の桃畑)
Dscn0137
(↑桃は意外と樹が細い。こんな細いのに、たわわな桃の実をつける)
Dscn0136
(↑ぼってりみっしりしてるところが、桜と違う。桃は桃のフツクシサがある)

ウチの家の東側と西側に、住宅に挟まれるように桃畑がある。
昔は、このあたりほぼ桃畑だったそうだ。
今でもけっこう残っていて、季節になると匂いこそしないが、辺り一面どピンクだ。
いやぁ、それはそれは悩ましい。もうちょっと若ければ、思わず発情しちゃうところ。
さて、つんきちフルーツランドも、春のお支度をしなければ。

Dscn0132_01
(↑室内で養生させていた、パッションちゃん達。植え替え用ポットデビュー)
Dscn0133
(↑養生させていた中で、一番優秀な苗。植木鉢デビュー)

会社の人で、戸建でグリーンカーテンを作っている人がいるので、パッションちゃんをすすめてみた。
ま、どうせなら、ウチとこの子でまず試してみてって話になって、苗を里子に出すことになった。
作秋のアノ酷い台風と塩害を乗り切って、大事に大事に養生してきたパッションちゃん。

里子に出すのは惜しいけど、これもつんきちフルーツランドへの野望の第一歩。
ウチとこのパッション苗を、色んなところで広めるのだw
それから、妙に増えてしもた雲南百薬もオマケにつけて差し上げちゃう。
そして、気がつけば静岡に一大パッションフルーツブームが訪れちゃうことになるかもw
やたらめったら種をばらまく、ヤリ●ン君みたいなもんやな、しかし。
まだもうしばらくは、仕事もその他も各種イロイロ忙しいけど、マメにお世話しなくちゃ。

んで。
戸建借家にでも引っ越しして、次はキゥィを栽培するって野望は、まだもう少し先の話。


2013年2月21日 (木)

2/19(火)失ったモノと得たモノ【閲覧注意】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ここから↓は、おげふぃんな内容、且つナンダカナーな表現を含みますので、閲覧はお食事時・家族団らん時・くつろぎタイム等々を避け、自己責任でオネガイします。文句は一切受け付けません。


2/19日の朝。
昨日からの発熱がまだ続いていた。
それでもしゃぁない会社行くか、と身体をほぐすため伸びをしたところ・・・・。
キマシタ。右下腹部にピキー!!と激痛が、走る走る!!

ヤバイ、これはヤバイ。
長年の腹痛経験からしても、これは第一級にヤバイ種類のハライタや。
口から「ヤバイ、こらヤバイ。」とうんうん言いながら、やることはWEB検索。
「静岡市 胃腸科」で検索し、野性の勘を頼りに必死こいて良さげなお医者さんを調べた。
近所のかかりつけ医は、はっきり言うて信用できひん。
セカンドオピニオンとか言うヤツ?今回は違う医者にかかれと、頭の中で声がした。

ほどなく見つけた。おし、ここにしる。
 ☆決定した要因☆
①HPがある。それもシンプルながら、なかなかこなれた作り
②なんしか、HPがカラーで写真つき(←当たり前やとは思うが・・・)
③写真で見た医者が程よく若くて、程よくオッサン(あえて今回は容姿の好みは問わない)
④医療器具、検査器具が整ってる模様
⑤フリーダイヤルつけてるだなんて、診察しちゃうぞって風味がマンチクリン

当日予約をこぎつけて、道にも迷うことなくF医院に到着。
まだ新しく明るい、小奇麗なところだった。第一印象、合格ライン。
予約しただけあって、ほんの数分待たされただけで、すぐに診察が始まった。

「で、どんな症状ですか?」
おや?今朝ここのHPで見た写真と、お医者の顔が違うくね?
明らかに10年以上前の写真、使ってね?
おまけに・・・・このお医者の顔、どこかで見たことある・・・・。あっ!
サバ●ンナ高橋やなぃか!!(←ご存じない方、ややマイナーな芸人です。ごめんなさい)
サ●バンナ高橋の、賢いVER.だな~。いや、それよか写真で芸歴、いや年齢詐称ってw

あまりにお医者をガン見したため、便を「水様便」と表現するところ、「粘液便」と間違えて伝えてしもた。
「粘液ですか?以前からですか?それとも今日突然?」
いやいやいや、ゴメンナサイ先生。
センセがあまりにサバンナ●高橋に似てるもんやから、思わず間違えました。
当然口に出して皆までは言わんけど、ウチの気持ちが伝わったんか、思わずむっとする先生。


「触診しましょう。そこのベッドに横になってお腹出して。」
「それから、超音波。その前に肛門診ますからね。
そうそう、それそれ!超音波検診!待ってました~~~って、え?
その前に・・・・後門様を診られちゃうわけなのか。
まぁ、しゃぁないな。けっこう重篤な感じやもん。さっくりやっちまって頂戴。
しかし、数十年間守りつづけた、後門様のショジョをこんな形で失うだなんて。
センセ、ウチ、BBAやけど涙がちょちょ切れます・・・・って、あぁ?


アッーーーーー!
ウチが喪失する後門ショジョについて感慨にふける間もなく、あっと言うまにぐりんぐりん。
ローションをまず馴染ませてから、おもむろにヤルんじゃないのねっ!
「おや?痔、ありますね(はぁと)。言われたことないですか?」
サバ●ンナ高橋センセ、そんな要らんことを、まるでお得情報みたいに嬉しそうに伝えんでも。
そして、今ここでそんな無駄情報を知ったところで、ウチに一体ナンのお得が???


「あー。ここ、しこりありますね~。」
し、しこり?って、ぐぁ~。い・・・・イタイよ・・・・。初めてなんだから、ヤサシクして~。
その後、すぐに超音波検査器具が用意され、ショジョ喪失感に浸る間もなく、
今度はチベタイゼリーを塗られて、力一杯、腹表面をぐりんぐりん。
(お腹の中の子・・先生の子よ・・・ってギャグ、かましたろうと思うたのに)

全く、自分のペースが掴めません!

「どうやら、大腸憩室炎でほぼ間違いないです。」
「炎症おこしてるので、今から血液検査と点滴します。」
センセ・・・・ウチの我が身を犠牲にした渾身のギャグを放つ間も与えないだなんて、アンタ。プロやね?
しょんぼりして、涙目になってきた。
看護婦さんがそんなウチを心配したらしく、もうヤサシイことヤサシイこと。
採血と点滴をしてくれた看護婦さん、メガネっこでぽっちゃりで毛深かった。
理想的な優しさの具現だw 特に毛深いところが。


なんだか一敗地にまみれた感じで点滴を受けていたら、サバンナ高橋先生がやってきた。
「内視鏡やりましょう。ただ、今は炎症おこしてるから、1か月後ぐらいね。」
いや、もうね。あまりにサクサク進み過ぎ。
そして、あまりに的確過ぎ。
別にちゃんとした処置をしていただくのが嫌なわけじゃない。そら、当然。
ただ、覚悟を決めてのショジョ喪失やねんから、もそっとこう、イベント的なナニかがw


ええ。
腹のヒドイ痛みで、思考力・判断力とともに、常識まで失いかけ、なおかつ大事な「ハジメテ」をリアルに失ったが、
なんとか内視鏡手術のおかげで健康は取り戻せる目処はたってきた。
あと、H先生は、顔はサバンナ高橋だが、立派なちゃんとしたお医者さんだ。
次は、直腸のハジメテを、サバンナに託す勇気を・・・得たw



«2/14(木)プチ解体ショーをしてみた